スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッグ教室日記その4

バッグ教室に行きました。

先に、今日完成したバッグの画像をのせておきますね (*^^)v 

0224バッグ5

前回の教室で、残る作業は、内側を縫い合わせ、持ち手をつけ、表と縫い合わせるだけになっていました。
だから、2時間くらいでで仕上げて次の作品に取り掛かるつもりで意気込んでいました。

ところがどうして、そんなに簡単にはいきませんでした。
まず、内側のみつけ部分の口の部分をしっかりさせるための紙芯をマチくらいの大きさを除いて張り、口を折り返してゴム糊つけします。(両端3cmくらいは折り返はつけずに置きます。)

そして、内側のみつけに持ち手を縫いいつけ、飾りにV字のミシンをかけます。
…ここで最初の足踏み!

2つは簡単についたのに、3つ目でどうしてもミシンが進んでくれません。
そうとう厚いので、微妙な環境で縫えたり縫えなかったりするようです。たった3センチ程度のミシンかけに、どれだけ時間をかけたことでしょう。
返しミシンの時のバック縫いの方が力強いので、試行錯誤の末、バックで縫って切り抜けました。

0224バッグ7
…ピンボケです。

持ち手をみつけにつけたら、内側を縫い合わせて袋にします。
これは薄くて簡単なんですが、一度へそをまげたミシンがなかなか機嫌を直さず、何故かまた時間をくってしまいました。

内側の脇の口の始末。
折り曲げる出来上がり部分の縫い目の際まで切り込みを入れ、3mm程度とし、そこに向かって上下の縫い代を斜めに切り落とし、上下を反対方向に倒して出来上がり線で折り、ゴム糊でつけます。

ここで、内側のみつけにマグネットボタンをつけます。
ポケットのある方(表?)をメスにするそうです。
これは手慣れた作業ですが、マグネットの裏側の足を折り返した部分に、きちんと接着布を貼りつけておきます。
そうしないと、マグネットの開け閉めを繰り返すことで、折り曲げた足が経ってきてしまうのだそうです。
これは、貴重な情報で勉強になりました。

表側、内側と双方が袋状になったところで、両方を縫い合わせます。
この時、縫い落としを防ぐために、内側部分をほんの少し上に出します。
まず、双方をのりで貼りつけ、洗濯バサミで固定し、乾いたところではずします。
そうそう、この時の糊は、柔らかい合成ゴムボンドを使用しました。

はじからミシンをかける位置にディバイダで印をつけます。
持ち手を挟んだ厚い部分にはミシンでも歯が立たないため、ルレットで印をつけたあと、目打ちであらかじめ穴をあけておきます。

0224バッグ6


さあ、ミシンかけです。
輪になっているこの部分の縫い合わせには、腕ミシンという特殊なミシンを使用します。

最初はポケットのない裏側から縫い始め、1つ目の持ち手の部分は先生がお手本を。
次の持ち手を私が… 進みません。
「あの~進まないんですけど…」 と悲鳴を上げると、周りの方々が「手押ししてみたら」と。「それでもダメです~」 に、「押さえを上げたら」と答えてもらい… なんとかできました。

あと5cmちょっとで終わりという時にまたしても下糸が無くなり、セットしなおしたら試し縫いからうまくいきません。そこから、どんどんおかしくなっていって…。
とうとう先生にヘルプです。先生曰く、「どうしようもなくなったら、針を疑え」と。
外してよく見ると、少し曲がってしまっていました。
針を変えて、やっとOK。

…できましたぁ!!!
ここまでに5時間程度。腹つもりとはえらい違い。
今日は4時間で変えるつもりでいたのですが、このバッグを仕上げるまではとても帰れないので、頑張ってしまいました。

ミシンのご機嫌をとる術はまだわかりませんが、苦労した分喜びもひとしお!

撮影セットでで記念写真も撮っていただきました。
その時のデータをもらうか、一緒に撮らせてもらえばよかったのに、全く考えが回らず…。
実は、次の作品の革選びに夢中だったので。


次の作品の型紙を展開し革を選び終えたところで、今日の教室は終わりました。
革バッグ作り、やっぱり甘くないですね。

明日はどんな発見があるかな?



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしていただくと、更新のはげみになります。
もしもよろしければ、応援の 「ぽちっ」 をお願いします。

人気ブログランキングへ  arrow_1.gif ポチッとクリックをおねがいします。
            応援してくださってありがとうございます!




スポンサーサイト

テーマ : 趣味のハンドメイド
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いっこにこ

Author:いっこにこ

大好きな、北欧スウェーデンの布を使って、気の向くままに手作りしています。

そんな生活を、気弱なヨーキーのビッキーとともに、綴っています。

Fabrikkoのホームページへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセスカウンター
気まぐれギャラリー
スウェーデンの生地を使用した 作品勢揃い!

仕事用大ぶりのカバン

n1-1

0606バッグ9

n1-2

1001バッグ9

n1-3

1007バッグ2

n1-4

sp0105.バッグ1

小ぶりのバッグ

n2-1

0913バッグ6

n2-2

0719バッグ1

n2-3

0628バッグ6

n2-4

0607バッグ1

n2-5

sp0106.バッグ1

トートバッグ

n6-1

0620バッグ1

n6-2

0620バッグ1

n6-3

0106バッグ8

n6-4

0207バッグ

n6-5

1223バッグ6

n6-6

0103バッグ12
各種バッグ

n7-1

0119バッグ4

n7-2

0127バッグ11
お揃いのバッグインバッグと
0620バッグ1

もう少し大ぶりの
   マザーズバッグ

n4-1

0620バッグ1

n4-2

 ギャラリー

バッグインバッグの
    ラインアップ

n3-1

0828小物1

n3-2

0828小物1

n3-3

0828小物1

n3-4

0828小物1

n3-5

0828小物1

n3-6

0828小物1

n3-7

0828小物1

n3-8

0828小物1

n3-9

0828小物1

小ぶりのトートバッグ

x-1

0628バッグ1

ブックカバー&
  ティッシュケース

x-2

0706カバー02

x-3

0804ブック1

x-4

0828小物1

x-5

ブック

x-6

ブック

x-7

ブック

x-8

ブック

ぺンケース

p-1

ペン

p-1

ペン

小ぶりのバッグ
(中仕切りなしのBinB)

y-1

0828小物1

ポーチ&小物

y-2

0828小物1

y-3

小物いれ

y-4

弁当

y-5

スリッパ

鍋つかみ&ティーコゼー

y-6

なべ4

y-7

なべ1

y-8

なべ2

y-9

なべ3

y-10

なべ5

y-11

0702コゼ2

バッグ等

0828小物1 0828小物1 0828小物1 ざぶ 0828小物1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。