スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラップ付きのショルダーバッグの試作

最初に製図したバッグ、フラップを付け、サイドにベルトを付けてショルダーバッグにしようと思います。

本体の生地には、今回は超ハードな芯を張ってみました。

マチは羊皮のコートの革を再利用します。

さて、マチについていろいろと。

以前はマチと底を1枚布でとれないときには、2枚を中央で剥いでいましたが、底の部分は一枚にした方が、見栄えも、落ち着き具合も良いので、マチ×2と底で 3枚剥ぎにするようになりました。
それから、角に剥ぎ目がくると扱いにくいので、角から少し入ったところで剥ぐようにしています。
この方法が気に入り、以降たいていのバッグで3枚剥ぎを採用するようになりました。

今までは布でマチを作っていたので、縫い代を含めてしっかり目の芯を張り、そのあと、底の部分のみに厚めのスライサーを追加して張り補強するようにしましたが、この場合、追加の芯はマチには張らない方がおさまりがいいと思っています。

今回は、柔らかい羊革なので、布と同じに扱うことができそうです。
とはいっても、アイロン接着芯は歯が立ちませんから、スライサーの0.6mmをマチに張りました。
そして、底の部分のみに、スライサーの1mmを張り足しました。

そこで悩んだのが、「縫い代には張るべきか張らざるべきか?」 です。
結局、張らない選択をしたのですが、正解は、どうなんでしょうね?
でも、強度を考えると、スライサーを張る前に、薄い洋裁用の接着芯のようなものを縫い代を含めて張っておくほうがよいと思います。

スライサーを縫い代にも張ってその上を縫ったら、針は糊でべとべとになるのかしら?
どなたか、ご意見を頂けると嬉しいです。


こうして作ったマチを、今日は半分だけ付けてみました。

0111バッグ1


次にフラップについて。

しっかりさせたいので、革にスライサーの1mmを張り、薄めの芯を張った帆布と合わせてみました。
最初は、豚革で裏うちしようかとも思ったのですが、薄くてやわらかくて、コバ処理をして使うのがちょっとためらわれるような革は、布みたいに扱ってしまった方がいいかしらと思って…。

ちょっと、片面だけ縫ったパーツに、フラップをのせてシミュレーションです。

0111バッグ2


雰囲気ははいい感じ!

…ですが、実際はやっぱり駄目ですね。
ひっくり返すと、フラップの先端の縫い目の部分が心もとない感じになっています。
う~ん、何らかの補強をしなくてはならないと思います。

0111バッグ3


これ、ビッキーの舌には …あんまり似てないですね?





人気ブログランキングに参加しています。
クリックしていただくと、更新のはげみになります。
人気ブログランキングへ arrow_1.gif ポチッとクリックをおねがいします。
            応援してくださってありがとうございます!




スポンサーサイト

テーマ : 趣味のハンドメイド
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

スライサー

初めて書き込みさせていただきます。

縫い代にもスライサーを張ると、しっかりした感じになりますが
察しの通り、のりで針はベタつきます。
そのままでも縫えますけど、
私はコットンなどにミシン油をしみこませたもので
ちょこちょこ拭きながら縫っています。

これが正解ではないと思いますが、参考までに。

かおら さま

かおらさま、コメントありがとうございます!
今までは、アイロン接着の芯を使って来たのですが、スライサーを部分的に使ってみて、その便利さと質感に感心しているところです。
…そうでうよね。やっぱり、芯は縫い代にも張るべきだと思いました。縫い代を省くとはがれやすいですし。
ベタついた針は拭けばいいんですね!そうかぁ、芯を購入した際にオマケで付けてくれたシリコン液の用途がわかりました!
今度はこの方法でやってみます!
プロフィール

いっこにこ

Author:いっこにこ

大好きな、北欧スウェーデンの布を使って、気の向くままに手作りしています。

そんな生活を、気弱なヨーキーのビッキーとともに、綴っています。

Fabrikkoのホームページへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセスカウンター
気まぐれギャラリー
スウェーデンの生地を使用した 作品勢揃い!

仕事用大ぶりのカバン

n1-1

0606バッグ9

n1-2

1001バッグ9

n1-3

1007バッグ2

n1-4

sp0105.バッグ1

小ぶりのバッグ

n2-1

0913バッグ6

n2-2

0719バッグ1

n2-3

0628バッグ6

n2-4

0607バッグ1

n2-5

sp0106.バッグ1

トートバッグ

n6-1

0620バッグ1

n6-2

0620バッグ1

n6-3

0106バッグ8

n6-4

0207バッグ

n6-5

1223バッグ6

n6-6

0103バッグ12
各種バッグ

n7-1

0119バッグ4

n7-2

0127バッグ11
お揃いのバッグインバッグと
0620バッグ1

もう少し大ぶりの
   マザーズバッグ

n4-1

0620バッグ1

n4-2

 ギャラリー

バッグインバッグの
    ラインアップ

n3-1

0828小物1

n3-2

0828小物1

n3-3

0828小物1

n3-4

0828小物1

n3-5

0828小物1

n3-6

0828小物1

n3-7

0828小物1

n3-8

0828小物1

n3-9

0828小物1

小ぶりのトートバッグ

x-1

0628バッグ1

ブックカバー&
  ティッシュケース

x-2

0706カバー02

x-3

0804ブック1

x-4

0828小物1

x-5

ブック

x-6

ブック

x-7

ブック

x-8

ブック

ぺンケース

p-1

ペン

p-1

ペン

小ぶりのバッグ
(中仕切りなしのBinB)

y-1

0828小物1

ポーチ&小物

y-2

0828小物1

y-3

小物いれ

y-4

弁当

y-5

スリッパ

鍋つかみ&ティーコゼー

y-6

なべ4

y-7

なべ1

y-8

なべ2

y-9

なべ3

y-10

なべ5

y-11

0702コゼ2

バッグ等

0828小物1 0828小物1 0828小物1 ざぶ 0828小物1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。